始める前の下準備

何かを始めよう、と思うとき、以前は割と、ノリと勢いに任せてスタートしてしまうことが多かった。

とりあえずやってみりゃ何とかなるだろう、みたいな感じで、まあ上手く行くこともあれば、そうでないこともあった。

最近は心境の変化なのか、これをやろうかな、と思ったときにまず、下準備から取り掛かることが多くなった。

下準備をしているうちに見えてくるものがあるというか、下準備をしているうちに「あれ、これやっぱ何か違うな」とか「この流れで行くとかなり良さそうだ」というのが見えてくるようになった気がする。

いい加減大人になった証拠なのか、これまでが向こう見ず過ぎただけなのか、それは自分ではよくわからないけれども、良い変化のような気がする。

ただ、以前ほどのスピード感と勢いは失われてしまったような気もするけれど・・・それは、円熟味を増してきたのだ、と自分に言い聞かせることにする。

今までは「これだ!」と思ったらもうそれしか見えなくて、猪突猛進していた感じなんだけど、今はその周辺も一通り見渡してから手を伸ばす感じ。

そこまで焦る必要もないかな、とのんびり構えて、じっくり眺めて手に取る感じ。

このリズムで手に入るもの、手の中に残るものだけを大切に育て上げていければいいのかなと今は思っている。

急ぎたくないし、急かされたくもない。

自分のペースで、味わいたいものは存分に味わって、味わいきってから次に進みたい。

今はただそれだけ。そして意気揚々と下準備に励む。