言葉が出てこない

自分が思ったことを素直に表現すると、誰かを傷つけてしまう。
悲しませてしまう。

自分の不安や焦りをそのまま表現すると、誰かにそれを背負わせてしまう。
重荷に感じさせてしまう。

そんなことはしたくないから、口をつぐむ。
何もなかったふりをして、何もなかったようにふるまう。

我慢する。我慢する。我慢する。我慢する・・・

この人にこれは言えない。
あの人にはこの話をしてはいけない。

そうするうちに、周りの人たちがどんどん遠くなっていく。
どうすればいいのかわからなくなる。

そのうち我慢ができなくなる。爆発する。

相手の悲しむ顔を見て、困った顔を見て、
あきれ果てた顔を見て、怒ったような顔を見て、ああまたやってしまったと思う。

自分は人とかかわりあうことを願ってはいけない人間なのかもしれないね。

そうして人とかかわりあうことが面倒になる。疎遠になる。他人になる。

こんな人間でも、それなりにいい状態で過ごせるときもあって、
いつもこの調子で過ごせたらどれだけ楽だろうと思う。

世界にいい顔だけ見せて、気持ちの良い態度だけ示して
生きていければどれだけ楽だろうと思う。

「できないことは仕方ないよ」と私が言う。
「そうできないから、誰ともうまくやっていけないんだ」と私が言う。
「この自分と一緒に生きていくしかないんだよ」と私が言う。
「そんなだからずっと独りぼっちなんだ」と私が言う。
「もっと我慢強く、強い自分にならなきゃ」と私が言う。
「もう限界!だって今までこんなに頑張ってきたんだよ?」と私が言う。

どうなればいいのかは自分が一番よくわかっている。

でも、そうなれずにいることが苦しい。

そんなこんなが頭の中をぐるぐる回って、
何を言っていいのかわからなくなる。

言葉が出てこない。